バイク買取時に必要な書類とは?きちんと揃えておこう

ずっと乗っていなかったバイクを売ることにし、バイク買取店に売ることにしました。

バイク買取店だと、面倒な手続きを全部代行してくれると聞いたからです。

バイク買取店に売る時、必要な書類は何なのか調べてみました。

バイクの大きさにより必要書類が違います。

どんなバイクでも同じ手続き書類で済むというわけではありません。

バイクの排気量によって必要書類が変わってきますので注意しましょう。

まず、排気量が125cc以下のバイク(原付含む)の場合は、標識交付証明書、自賠責保険証、身分証明書、印鑑です。

排気量が126cc~250cc以下のバイクは、軽自動車届出済証(もし廃車済みであれば廃車証と軽自動車届出済返納証明書)、自賠責保険証、身分証明書、印鑑です。

251cc以上のバイクなら、自動車検査証(廃車済みなら自動車検査証返納証明書)、自賠責保険証、身分証明書、印鑑となります。

バイク買取店なら手続き簡単にすみます。

バイクを売るにあたり、名義変更などの手続きが必要であればそれをしないといけませんがバイク買取店に売った場合は、こういった手続きをすべて代行してくれます。

個人売買だと全部自分でしなければならず、不備があったりするとまた面倒です。

しかし業者にお願いすれば必要書類を用意するだけで良いので気持ちも楽ですよ。

バイクを売るつもりなら、用意できる書類は早めに準備しておきましょう。

業者に言われて慌てて用意し、不備があったらそれだけ手続きが遅れますから、きちんと用意してから売るようにしたいですね。