バイク買取の買取額は価格交渉可能ですか?

同じバイク買取なのに、価格交渉に応じてくれる会社と応じてくれない会社があります。

その違いはどこにあるのか、理由を話ししておきます。

■現場での裁量権がどこまであるかの違い。

回答者である私自身、それほど多くのバイク買取店を利用したことはありませんが、交渉によって買取価格が変わる理由には、2つの側面が考えられます。

1つは、現場での裁量権が広くもたされている会社の従業員、もう1つは、訪問査定に来たスタッフがたまたま上長(グループ長など)といったような決定権のある人だった場合です。

同じように思えるバイク買取会社でも、マスで大規模に宣伝・集客を行なっているような会社より、小規模な会社のほうが買取価格は高い気がします。

■できるだけ安く買い取るのが商売の常道。

たとえば自分がバイク買取店の経営者だったら、バイクの買取価格は仕入れ値であるわけですから、どんなにいいバイクでもできるだけ安値で買い取ったほうが、会社の利益は大きくなります。

名車に出会ってもアレやコレやと理由をつけて、安く買い取ってしまえば、結構な利益になります。

そうやって安値を提示しておいて、少しだけオーナーのネゴシに応えて買取価格をサービスしておくというのが、バイク買取会社の常道です。

会社によって買取価格に幅はありますが、それでも取引マニュアルにある買取価格の範囲内です。

■価格交渉に応じてくれないバイク買取店もあれば、応じてくれる会社もあります。

会社の方針次第です。

どのバイク買取店でも価格交渉に応じてくれるとは限りません。

提示した価格以外は頑としてゆずらない会社もあります。

提示額に不満のある場合は、妥協して売却する必要はありません。