バイク買取に出すとき掃除はした方がいい?

バイク買取に際して「修理をしない」というのと「掃除をしない」というのは意味が違います。

実際にはどういう心積もりで訪問査定を受けるべきかお話ししておきます。

■修理はしなくても掃除は行なったほうが良い。

バイク買取の会社は、東京都内だけでもかなりの数があります。

修理は自分で行なわず、そのまま査定員に見せて欲しいという会社もあれば、何も言わない会社もあります。

しかし「掃除もしないでくれ」という会社はないでしょう。

そこのところは自由だと思います。

「修理を自分で行なうな」というのは、素人の修理の仕方とプロの仕方とでは違うからです。

部品の扱い方などもバイク買取会社によって異なります。

評価の対象にはならないケースが大半です。

■バイク買取業者によって異なる査定ポイント。

愛車であったはずですから、バイク買取に出す前には掃除くらいはしてあげましょう。

これもバイク買取の会社によって異なりますが、たとえばサビの回り具合とか、バイクのシートの傷み具合、シートの糸のほつれ具合などを減点評価するところもあります。

修理までには至らなくても、それ以外の“自分で気づいたところ”はやっておきましょう。

買取査定に響くよりはマシです。

■バイクに愛情を持って接していたかで状態が変わってくるはず。

バイク買取業者の査定はさまざまでも、掃除は最低限の手入れです。

ネットの簡単査定で高値が付いていたのに、来てもらったら半値の提示を受けた。

さらに、ホコリのカタマリがサスペンションの奥にまで絡みついているなどの理由で査定額が下がったという例もあります。

バイク買取業者が事前に何と言っていても、掃除程度はやっておきましょう。