2019
06.27

伊東は全国各地、海外からも多くのインバウンド客で賑わう温泉のメッカ。

スーパーコンパニオンと露天風呂の貸切はOKでも、昔ほど気軽ではない一面もあります。

【気になる記事】爆買い規制”で中国人観光客が風俗産業に殺到

■3割がNG、7割がOKの露天風呂貸切。

伊東は古くから保養の地、湯治の町として栄え、いまでも多くの観光客で賑わっています。

人気ランキングでは毎回トップ5に入るほどの人気で、海外からの観光客も年々増えています。

現状のお話しをすると、伊東にはスーパーコンパニオンやピンクコンパニオンとの露天風呂について、禁止している旅館やホテルと歓待してくれる宿の2通りがあります。

比率としては3割がNG、7割がOKなので、露天風呂の貸切に苦労することはありません。

■露天風呂の貸切はできても取締が厳しい!?

海外からの観光客、インバウンドの数が増えたことで、スーパーコンパニオンなど風俗に対する対処がこれまでよりも厳しくなっていることは確かです。

セキュリティの観点から、たとえば一定時間を過ぎた夜には、露天風呂でのお騒ぎは禁止としている旅館が大半です。

アルコールを飲んだ後の入浴は、普通の場合でも禁止事項になっています。

羽目を外して、周囲に迷惑をかけたり事故を起こしたりしないようにしましょう。

■スーパーコンパニオンの予約を入れるなら夕方までに。

それ以降の予約は取りづらくなります。

できれば宴会のスケジュールが決まった日に、それが無理ならできるだけ早い時期に予約を入れて一安心ついておきましょう。

最近では週末や土日に関係なくても、混み合って予約が取れないこともあります。

日本のスーパーコンパニオンのようなシステムは、外国人にとって非常に珍しい文化なのだそうです。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.