2019
06.06

静岡は治安の良さでは五指に入るエリアなので、自分から悪のりしなければ安全です。

一般論としての注意事項をこの機会にお話ししておきます。

■危険は付きものだと思って慎重に。

極端な言い方をすれば、風俗遊びをしておいて安全とか安心を願うのは、少し虫が良すぎます。

昔から「高い授業料を払わされた」というように、運が悪ければ法外なお金を請求されて泣き寝入りなんてことも良くありました。

静岡の名誉のために言っておきますが、静岡は日本の中でも治安が良く、東京のように犯罪が多発するエリアではありません。

スーパーコンパニオンと遊んでも、普通に楽しんでいる限りは心配いりません。

強いて忠告するとしたら以下の4点です。

■やってはいけない悪のり4項目とは。

①調子に乗って2次会・3次会とハシゴするのはやめましょう。

②冗談でも「金に糸目は付けない」などと豪語してはいけません。

③一期一会なのに、「オレと付き合ってくれ、惚れた」などと言ってはいけません。

④スーパーコンパニオンの身の上話にほだされて「いくら必要なの?」などと聞き返さないことです。

相手のスーパーコンパニオンに悪気はなくても、貢いでくれる相手だと思わせてしまいます。

■2次会以降は旅館でも派遣会社でも、万一のときの責任や手配は取ってくれません。

自己責任になります。

もしも性悪なスーパーコンパニオンがいたとしたら、旅館やホテル、派遣会社の監督責任が及ばなくなった2次会以降に狙いを定めるでしょう。

そういうこともまずないでしょうが、酔って気が大きくなってしまった後の始末は自分でつけるしかありません。

くれぐれも注意しましょう。

≫≫悪質な風俗にはご注意ください⇒https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-220167/

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.